検索

第12回:『私にとって、何がいいか?』

最終更新: 2019年5月27日

 歯を抜くと、何らかの方法で「歯を作る」ことになります。すると患者さんは、『入れ歯・ブリッジ・インプラントなら、どれが良いんですか?』と聞かれます。

私は、残念ながらすぐにお答えできません。それは私がその方の『好み』を、まだ知らないからです。


たとえば、マグロのお寿司を注文するとしましょう。「赤身」「中トロ」「大トロ」でいうと、値段的には「大トロ」が一番良いですよね。私は脂っこいもの好きなので「大トロ」を迷わず頼みますが、アッサリ系が好きなKさんは「赤身」を食べたいかも知れません。


つまり『モノの特徴』は説明できても、『その人にとって、どれがいいのか?』は、その方の「好み」「希望」「思い」によって違うので、一概には答えられないのです。


 だから私は『あなたは、どうなりたいのですか?』と逆に質問し、最後にはご自身で選んでもらうようにしています。


次回は『親知らずって、抜くの痛いって聞いたんですけど?』です。



4回の閲覧

最新記事

すべて表示

第45回:『治療のまえに、予防から』

歯医者に行く理由の多くは、「痛い」「腫れた」「とれた」ですね。「なるべく歯医者には行きたくない」という人がほとんどですから、『早く治療して!早く終わって!』と、おっしゃいます。でも、ちょっと待ってください。「痛い」から神経を抜いたり、「腫れた」から膿を出したり、「とれた」から付け直したら、それで本当に『治った』のでしょうか?削ったりつめたりといった、いわゆる『治療』をすると、歯は本当に長持ちするの

第44回:『「かみ合わせ」の重要性』

定期健診では「バイオフィルムを破壊」を目的にお口のクリーニングをする訳ですが、その他にもうひとつ大切なことがあります。それは各種の「チェック」です。その中でも「かみ合わせ」のチェックは重要です。特に大きな修復治療をした後やかむ力が強い人は、「かみ合わせのチェック」無しでは長持ちしません。この「チェック」の結果、かみ合わせの調整をしたり、ナイトガード(薄いマウスピース)を寝るときに使ってもらったり、

第43回:『バイオフィルムを破壊しよう!』

定期健診では、担当衛生士が専用の器具を使って、この「バイオフィルム」をきれいに除去します(痛くありません)。もちろん着色や歯石があれば取り除きます。その後は、専用ペーストで仕上げ磨きします(気持ちいいです)。 虫歯も歯周病も、バイ菌による「感染症」ですから、「バイオフィルムを破壊すること」は大切な予防処置なのです。 次回は『 「かみ合わせ」の重要性 』です。

​アクセス

大阪府大阪市生野区巽北3-13-31

地下鉄千日前線「北巽駅」4番出口から徒歩3分.

173号線沿いを歩いて頂きファミリーマートを右折してすぐです.

目印は真っ赤な「歯」のマークです.

駐車場3台完備

診療時間

◎9:00~13:00
△9:00~13:00/14:00~17:30
(※祝日のある週のみ)

北巽駅より徒歩3分/予約制/駐車場完備

お問合わせ・ご予約

☎︎ 06-6752-2100

【注】クリーニング希望の場合はお電話で

 .png